« ポリアモリーというライフスタイル   知らなかった | トップページ | 上念×篠原×山岡 チュチェ思想 活動資金の出所が判明!? <アイヌ問題や沖縄問題にも・・・> »

2019年3月26日 (火)

曹洞宗の坊主が韓国群山市の名誉市民になった理由

 





 







『日本人僧侶が韓国・群山市の名誉市民に 少女像設置などに貢献』との聯合ニュースの記事を伝えるツイート。
「このクソ坊主!」という気持ち、同感だ!。


 






 


---聯合ニュースの記事---


 


青森県の雲祥寺住職の一戸彰晃氏が25日、韓国南西部、全羅北道群山市の姜任駿(カン・イムジュン)市長から名誉市民証を授与され、名誉市民になった。


一戸氏は曹洞宗の僧侶。日本が朝鮮半島を侵略する過程で曹洞宗が加担した罪を反省し悔いる意味で、2012年に同市の東国寺に懺謝(仏教用語で許しを請い謝ること)文を刻んだ石碑を建てるのに尽力した。 


また旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」を同寺に設置するための費用を集める募金活動を主導したほか、日本で収集した韓国の遺物を群山市に寄贈するなどした。


 


 


 


« ポリアモリーというライフスタイル   知らなかった | トップページ | 上念×篠原×山岡 チュチェ思想 活動資金の出所が判明!? <アイヌ問題や沖縄問題にも・・・> »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポリアモリーというライフスタイル   知らなかった | トップページ | 上念×篠原×山岡 チュチェ思想 活動資金の出所が判明!? <アイヌ問題や沖縄問題にも・・・> »

無料ブログはココログ